バイアグラとレビトラの違い

バイアグラとレビトラの違い

ED治療薬の代名詞と言えばバイアグラだと思います。

バイアグラが日本で販売が開始されたのは1999年のことです。

販売された当時は"夢の新薬"などマスコミに多く取り上げられていました。

あれから10年以上が経過した現在でもバイアグラの知名度は最も高くそれに伴い信頼度も非常に高い治療薬になっています。

しかし、その10年の間にはED治療に優れた治療薬が開発されていることはご存知でしょうか?

第2の治療薬として登場したレビトラ。

最新の治療薬のシアリス。

特に第2の治療薬であるレビトラは日本で最も流通している治療薬とされています。

これらの基本作用機構は勃起を妨げる物質をブロックする事にあります。

ということはレビトラはバイアグラと効果が似ているのでしょうか

レビトラはバイアグラの強化版として販売されていることから、バイアグラの弱点だった点が強化されて販売されたということになります。

特にバイアグラは飲食による効果の減弱が顕著に現れていましたが、レビトラに関してはその影響が非常に少ないという特徴があります。

なんといっても、効果の高さはレビトラが最も強いとされていて認められている容量内で十分な効果を得たいならレビトラの20mgが最適と言われているほどです。